Cryptocurrency

Encrypted currency
Currency  > Digital Currency  > Cryptocurrency

Cryptocurrency (Cryptocurrency, English : cryptocurrency , crypto- currency , crypto) is a digital asset designed to act as an exchange medium, and the record of ownership of individual coins is computerized. It is stored in a ledger in the form of a database , and strong cryptocurrency guarantees the security of transaction history, controls new coin generation, and confirms the transfer of ownership. [1] [2]

There are various logos depending on the type of cryptocurrency.

Cryptocurrencies do not have a physical form (such as banknotes) and are generally not issued by central authority. Typical cryptocurrencies are decentralized (decentralized) controlled, in contrast to central bank-issued digital currencies . [3]

When a cryptocurrency is generated, before it is issued, or when it is issued by a particular user, it is generally considered centralized. When decentralized controls are implemented, individual cryptocurrencies act as public financial transaction databases through decentralized ledger technology (usually blockchain ). [Four]

Bitcoin , first released as open source software in 2009, was the first decentralized cryptocurrency. [5] Many other cryptocurrencies have been created since the release of Bitcoin .

Overviewedit

Decentralized cryptocurrencies are collectively generated from the entire cryptocurrency system. The speed of its formation depends on when the system was created and whether the system is known. Control of the money supply in centralized banking and economic systems such as the Federal Reserve is made by the board of directors and the government by requesting the production of statutory banknotes or an increase in the bank's digital ledger.

However, companies or governments cannot manufacture cryptocurrencies. Also, the company or the government itself has not assisted other companies, banks or ventures that hold the asset value in decentralized cryptocurrencies until December 2017. It was a group or individual known as Satoshi Nakamoto who developed the basic technology system that underpins decentralized cryptocurrencies [6] [7] [8] .

As of March 2015, there were hundreds of cryptocurrencies with specifications, most of which were similar to Bitcoin , the first fully implemented decentralized cryptocurrency , and forked from Bitcoin . [9] [10 ] . The security, consistency and balance of ledgers in the cryptocurrency system is maintained by a community of non-reliable parties called miners. Miners are the general public who use their own computers, and the miners confirm the legitimacy of the transaction and the transaction is added to the ledger according to a specific timestamp scheme . [11]

The security of cryptocurrency ledgers is based on the assumption that most miners try to maintain their ledgers fairly from financial motivation.

Most cryptocurrencies are designed to gradually reduce their issuance, and there is an upper limit on the total amount of currencies that will circulate in the future, such as precious metals . [12] [13] Cryptocurrencies are less likely to be seized by law enforcement agencies than ordinary currencies held by financial institutions or exchanged as cash . [12] [14] All existing cryptocurrencies are pseudo - anonymous , but pure anonymity can also be achieved, as suggested by Zerocoin and its distributed laundering capabilities . [15] [16] [17]

historyedit

In 1998, Wei Dai published an overview of an anonymous decentralized electronic financial system called b-money . [18] Shortly thereafter, Nick Szabo created Bit Gold . [19] Bit Gold, like its follow-up cryptocurrencies such as Bitcoin , has required users to break the track record of proof of work. Proof of work will be unlocked when the complete cryptographic answer is published.

最初の分散型暗号通貨であるビットコインは2009年に偽名ソフトウェア開発者サトシ・ナカモトによって開発された。ビットコインは暗号学的ハッシュ関数SHA-256をその proof-of-work スキームに用いた[20][21][22]。2011年4月には Namecoin がネット検閲を非常に困難にするだろう分散化DNSの形成を目的として開発された。それからまもない2011年10月には、ライトコインが公開された。ライトコインはハッシュ関数として SHA-256 の代わりに scrypt を用いた暗号通貨としては初めての成功を収めた。その他の特筆すべき暗号通貨として、 Peercoin は proof-of-work と proof-of-stake とを併用して成功した初の暗号通貨であった[23]。その他にも多くの暗号通貨が開発されてきたものの成功を収めたものはごくわずかである。なぜならばそれらが技術革新においてもたらすものがほとんどなかったからであった。2014年8月6日、イギリスは同国大蔵省に暗号通貨と、もしあるならばイギリス経済において暗号通貨が果たしうる役割の調査研究を委嘱したことを発表した。同省による調査は規制を検討すべきか否かについても報告することとされた[24]

2014年以降、Monero、イーサリアム、および Nxt といったいわゆる 第2世代暗号通貨が登場した。それらは不可視アドレス、スマートコントラクト、サイドチェーンもしくはサイドアセットといった高度な機能を備えている。

2015年、Cardano(カルダノ)等の第3世代暗号通貨が誕生した。例えば、Cardanoはプルーフオブステークブロックチェーンネットワークであり、マルチアセット台帳および検証可能なスマートコントラクトを備えた分散化アプリケーションを開発するためのプラットフォームとして開発されている。保証性に優れた形式手法を用いて構築されたCardanoは、第2世代暗号通貨には十分にない実用性のあるアプリケーションに必要とされるスケーラビリティ、相互運用性、サステナビリティを実現することを目指している。

2017年12月3日、原油確認埋蔵量世界1位[25] で経済危機に陥っているベネズエラニコラス・マドゥロ大統領は石油や天然ガスなどの資源で裏付けられた暗号通貨のペトロを導入することを発表し[26]、1月5日に1億単位が発行された[25]。国家が発行する暗号通貨という点では世界初である[27]

評価編集

中央銀行の代表的人物たちは、ビットコインなどの暗号通貨の採用は経済全体に対する信用価値への中央銀行の影響力に深刻な課題をもたらすことになるとしていて、また、暗号通貨を用いた取引が普及するにつれて法定紙幣に対する消費者の信頼が確実に損なわれるとも述べている。

中央銀行上級役員 Gareth Murphy は「(暗号通貨が)広く用いられれば、政府が経済の舵取りをするために用いる経済活動のデータを統計局が集めることに支障をきたすことにもなるだろう」と述べている。彼は金融および為替レート政策の重要な機能に対する中央銀行の統制に仮想通貨は新たな課題を投げかけると警告した[28]

ビットコインATM Robocoin の創始者 Jordan Kelley は2014年2月20日にアメリカ合衆国初のビットコイン ATM を開始した。テキサス州オースティンにあるその端末は、見かけは銀行 ATM と同様だが運転免許証や旅券などの政府発行身分証明書をスキャナーで読み取って利用者の個人認証を行うようになっている[29]

アーキテクチャ編集

タイムスタンピング編集

暗号通貨は種々のタイムスタンピングスキームを用いることで、ブロックチェーン台帳に追加された取引を信頼できる第三者によってタイムスタンピングしてもらう必要を回避している。

プルーフ・オブ・ワークスキーム編集

最初に開発されたタイムスタンピングスキームはプルーフ・オブ・ワークスキームだった。これは最も広く使われているスキームであり、SHA-256 に基づいている。ビットコインが SHA-256 を導入し、また Litecoin などの通貨で用いられる scrypt にも SHA-256 が導入された[23]。後者はいまや暗号通貨業界で多数を占めていて、少なくとも480の実装が確認されている[30]

その他のプルーフ・オブ・ワークに用いられるハッシュ関数には CryptoNight、BLAKESHA-3、および X11 が含まれる。

プルーフ・オブ・ステークスキームおよび複合スキーム編集

プルーフ・オブ・ワークスキームとプルーフ・オブ・ステークスキームを組み合わせて用いる暗号通貨もある[23][31]。プルーフ・オブ・ステークは暗号通貨ネットワークの安全性を確保し、利用者に対して一定量の通貨の所有権提示を要求することで分散合意を得る手法である。これはプルーフ・オブ・ワークシステムとは異なる。プルーフ・オブ・ワークスキームでは電子取引の正当性確認のために難しいハッシュ関数を走らせるが、プルーフ・オブ・ステークスキームは一般に通貨ごとのコードに依存するので、標準形式は現在存在しない。

ウォレット編集

ウォレット(Cryptocurrency wallet)とは暗号通貨を格納する財布のことだが、口座番号を発行できたり直接相互に送金できる点においては個人銀行に近い。採掘(マイニング)の機能も持っている。

厳密には、ブロックチェーンにおけるウォレットとは、ブロックチェーン上のアドレスに対応する秘密鍵が保管されているデータベースを指す。この秘密鍵によって、ブロックチェーン上の対応するアドレスにアクセスすることができ、送金等の実行ができる。

理論価格編集

ストック対フローモデル編集

元々、貴金属などのコモディティ価格に対して適用されていたモデルであるが[32]、2019年に暗号通貨に対してもストック対フローモデル(stock-to-flow model, S2F model)が理論価格のモデルとして通用することが発表された[誰によって?]。これは経済学のフローとストックに基づく物で、暗号通貨のストック(既に存在している分)とフロー(新規にマイニングされる分)の比率、つまり

希少性 = ストック ÷ フロー

に基づいて理論価格が決まるというモデルの仮説である[33][34]。ストックが   だとすると、その微分であるフローは   であり、この時、希少性 = 1 と定数になり安定する。ストックが指数関数よりも速く増えれば希少性は減少し、指数関数よりも遅く増加すれば希少性は増大する。ビットコインのストックの増加は指数関数よりも遅いため希少性が増大していく。

ステーブルコイン編集

ステーブルという英語は「安定した」と言う意味である。ビットコインなどの暗号通貨は、価値の裏付けとなる国家などからの信用がなく価格が安定しないのに対して、アメリカドルなどの法定通貨やゴールド等と等価交換(ペッグ)することで、大きく変動せずに安定して利用できる利便性、国家が発行する信用貨幣の裏付けを借用する通貨である。同価値を維持するためには、信用の担保となるゴールドやアメリカドルが暗号通貨を管理発行する会社の発行額と同程度保有されている必要があるが、その保証は外部からは確認できない[35]

また、マネーロンダリングやテロ資金などの犯罪対策を行う政府間組織である金融活動作業部会(FATF)は、犯罪に利用されているものと推測し、さらに利用が普及されることに警戒を強めている[35]

担保の種類によって4種類に分けられる[36]

  • 法定通貨担保型
    • テザー (暗号通貨) - 米ドルと等価交換の暗号通貨。同額の信用を得るには、テザーの発行額と同額のアメリカドルを保有している必要があるが疑問視されており、損失を隠しているとしてニューヨーク州から訴追を受けている[35]
  • 仮想通貨担保型 - 他の暗号通貨(イーサリアムなど)が担保の物
    • MakerDAO社のDAI、SAI
  • コモディティ担保型 - 金などの市場価値のある物品が担保の物
    • テザー・ゴールド、デジックス・ゴールド
  • 無担保型
    • テラUSD - 法定通貨担保型のルナと経済システムの仕組みによって連動するアルゴリズムを組むことで担保するアルゴリズム型無担保暗号資産。旧来の経済システムの欠点、信用失墜でルナとテラ両方に売りが殺到して暴落した[37]

経済的側面編集

暗号通貨は主として既存の銀行及び政府機関外で用いられインターネットを介してやり取りされる電子通貨である。この代替的、分散型の取引方式は発展の初期段階にあるものの、既存の通貨及び支払いシステムと競合する特異な見込みがある。

暗号通貨市場での競争編集

2018年1月時点で、約1500の暗号通貨が存在する[38]。暗号通貨市場の資本は、上位からビットコインイーサリアムRippleビットコインキャッシュカルダノであり、時価総額上位10位までの暗号通貨だけで、暗号通貨市場の8割近くを占める[38]。通貨発行による利益獲得機会のために、様々な企業が暗号通貨市場に参入しており、採掘ビジネスが注目度を上げる一方で、採掘に必要なコンピュータ部品も高騰し、参入コストは高くなっている[39]

暗号通貨市場開拓の分析ではネットワーク外部性が重要な役割を果たす。任意の通貨はその使用者が増えるほど高い使用価値をもつようになるから、通貨の人気はその成功に不可欠である。経済学者らは、たとえば最も人気な暗号通貨方式ビットコインのような大規模な競争者はその増大する取引プールの大きさからより多くの新規利用者を獲得し、結果として実効的に市場で優位となるという仮定を立てている。

雑誌での利用編集

2015年9月には査読学術雑誌 Ledger (ISSN 2379-5980) が創刊した[40][41]。この学術誌は提出する論文ファイルのハッシュをデジタル署名することを執筆者に勧めていて、これにより論文ファイルはビットコインブロックチェーン上にタイムスタンプが残る。加えてこの雑誌は執筆者に対し論文の1ページ目に個人のビットコインアドレスを載せることを求めている[42]

法的側面編集

 
2022年に更新された世界のビットコインの法的地図

暗号通貨の法的地位は国によって大きく異なり、多くの国では未定義であるか変遷の過程にある。明示的に暗号通貨の使用と取引を許している国々もあるものの、暗号通貨を禁止したり制限したりする国々もある。同様に諸々の政府機関、省庁、および裁判所によってビットコインの分類は様々である。

各国における法的地位編集

アメリカ合衆国編集

2014年3月25日、アメリカ合衆国内国歳入庁 (Internal Revenue Service, IRS) はビットコインを通貨としてではなく税制上の資産として扱うことを決定した。これはビットコインが米国においては譲渡所得税の課税対象となることを意味する。この決定の恩恵としては、これによりビットコインの法的地位が明確になることが挙げられる。これ以後、投資家はビットコインへの投資やビットコインから得られた利益が違法であるか、またそれらをどのようにして IRS へ申告すべきかについて悩まずに済むようになった[43]。ビットコインは伝統的な通貨よりも貴金属市場に近い特徴を備えていることから、IRS の決定はその理由付けは別としてもビットコインの性質にふさわしいものである[44]

中華人民共和国編集

中国人民銀行は2014年前半という極めて早い段階で中国国内の金融機関によるビットコインの取り扱いを禁止した[45]

日本編集

日本では暗号通貨は資金決済に関する法律第2条第5項で定義されている暗号資産に該当する。個人の売買による所得は総合課税の雑所得に該当する。

政治家個人への献金は、暗号通貨は金銭及び有価証券ではないが、財産上の利益による寄付に該当すると2019年10月18日に日本政府は閣議決定した[46]

ロシア編集

ロシアでは暗号通貨そのものは合法であるが、ロシア国内においてロシアルーブル以外の通貨を用いて商品を購入することがそもそも違法である[47]

商標権編集

暗号通貨に関わる法的問題は政府とのあいだに起こるものばかりではない。例えば Coinye はそのロゴにラッパーカニエ・ウェストを無許可で使用したオルトコインである。Coinye は元々 Coinye West という名称であったので、カニエ・ウェストの代理人が Coinye のEメール管理者 David P. McEnery Jr. に対して停止命令を送付した。同停止命令は、Coinye が意図的な商標の侵害であること、不正な競合であること、サイバー海賊行為であること、および商標希釈化であることを述べ、外観の類似およびカニエ・ウェストの名称の使用を停止するよう命じた[48]

規制されていないグローバル経済についての懸念編集

2009年のビットコイン開始以後オンライン通貨の人気と需要が増すにつれて[49]、そのような種々の暗号通貨が提供する規制されていない個人対個人のグローバル経済が社会全体への脅威となるかもしれないという懸念も大きくなった。オルトコインが匿名ウェブ犯罪の道具となるかもしれないという懸念が多い[50]

暗号通貨ネットワークは規制が明らかに欠如した様相を呈していて、そのことが通貨の分散化された為替および使用を望む多くの利用者を惹きつけてきた。しかしながら、この規制の欠如こそが脱税やマネーロンダリングを望む犯罪者を潜在的に助けているとして批判的に評価されてきた。

これらオルトコインの使用や為替に伴って生じる取引は正規の銀行システムとは独立しているために個人の脱税を容易にする。課税対象所得の記録作成はたとえば米国では課税対象者の IRS への申告のみに基づいているから、追跡不可能なこともあるほど複雑な為替方式である暗号通貨を用いた取引を計上することはきわめて難しい[50]

大多数の暗号通貨が提供する匿名性システムもまたマネーロンダリングの単純な方法として用いられうる。財務関係者や海外の銀行口座からなるこみいった網を通じた資金洗浄よりも、オルトコインを通じた資金洗浄のほうが金融機関と関わることが少ないし匿名取引によってなすことができる。暗号通貨のためのマネーロンダリングサービスは存在し、ビットコイン需要を満たしている。同サービスは複数の供給源からのビットコインを混ぜることで入金アドレスと出金アドレスとの関係を不明瞭にしている[50]

詐欺編集

2013年8月6日、テキサス州東部地方連邦裁判所下級判事 Amos Mazzant は暗号通貨が(明示的にはビットコインが)金銭として使えるから、すなわち商品やサービスの支払いに充てることができ、個人の生活費の支払いができ、および従来の通貨と両替可能であるから、暗号通貨は通貨もしくは金銭の一形態であると裁定を下した。この裁定により、証券取引委員会は暗号通貨を含むセキュリティー詐欺の管轄権を得た[51]

2013年10月26日には中国のビットコイン取引プラットフォーム GBL が突然閉鎖し、契約者はログインできなくなり500万ドル相当のビットコインが失われた[52][53][54]

2014年2月には、世界最大のビットコイン取引所マウントゴックスの破産公表により暗号通貨は全国的なヘッドラインを飾った。同社はおそらく窃盗により、4億7300万ドル弱相当の顧客のビットコインを喪失したと発表した。これはおよそ75万ビットコインに相当し、当時存在していたビットコイン総量の約 7% に相当した。その他のニュースのなかでも同社の破綻により、ビットコインの価格は2013年12月の約1,160ドルから2014年2月には400ドル未満へ下落した[55]

2015年3月31日、当時麻薬取締局捜査官とアメリカ合衆国シークレットサービスであった二人組が通信詐欺、マネーロンダリング、およびシルクロードに対する連邦捜査中のビットコインの盗難に関わるその他のいくつかの違法行為の罪で告発された[56]

2015年12月1日には、Homero Joshua Garza が Paycoin 開発に伴うセキュリティ詐欺で告発された。Garza は現在機能を停止している GAW Miners という暗号通貨採掘機器販売ウェブサイトの所有者であった。彼はデータセンターの機器で採掘を行う「クラウドマイニング」を隠れ蓑に綿密なねずみ講の企てを首謀した。彼は hashlets というクラウド採掘者が Zenportal というクラウドにおいて暗号通貨を採掘していると称したが、実際には暗号通貨を採掘するものは存在しなかった。Zenportal は1万人以上の利用者を擁し hashlets の販売で 1,900 万米ドルを得ていた[57]。GAW Miners は Garza と有名なセキュリティ会社 Stuart Fraser of Cantor Fitzgerald によって共同設立されたものだった[58]

ダークネット市場編集

暗号通貨はシルクロードのようなオンライン闇市という論争を呼ぶ環境においても使われている。オリジナルのシルクロードは2013年10月に閉鎖され、それから2つのバージョンが使われてきた。現在使用されているのはシルクロード 3.0 である。シルクロードで成功を収めたフォーマットはオンライン闇市で広く用いられ、その後のオンライン闇市の分散処理化を促した。シルクロードの最初の閉鎖後の数年において著名な闇市は4から12へと増加し、掲載された薬物の数量は 18,000 から 32,000 へと増した[50]

闇市は法的側面においてますます課題を呈している。闇市で用いられるビットコインその他の暗号通貨形式はほぼ世界中で明確に、法的に分類されていない。米国ではビットコインは仮想資産と称される。このような不明確な分類は世界中の法執行機関に対して闇市における流動的な薬物取引に追いつく圧力をますます増している[59]

大多数のダークネット市場がTorによって運営されているため、闇市はパブリックドメイン上で比較的容易に見つかる。これは、闇市のアドレスや闇市で売られている薬物に係るカスタマーレビューや公開フォーラムサイトは見つかるものの、そのどれもがあらゆる形式の利用者の有罪を立証しないことを意味する[50]。この類の匿名性は闇市の販売者と購入者のどちらについても法的追求の手から逃れることを可能にする。結果として法執行機関は個々の市場と薬物販売業者を間引きし供給を断つ活動に固執する。しかし、急速に拡大し匿名である闇市場に追いつくことができない法の追求の手に対し、販売業者と供給者は一歩先を行くことができる[59]

批判編集

  • ジャーナリスト Joshua Brustein と Timothy Lee はビットコインの高いボラティリティから来る問題性に懸念を表明した[60]
  • Jason O'Grady はオルトコインにおける風説の流布の企てを報じた[61]
  • コミュニティは事前採掘、隠れた活動の開始、もしくはオルトコイン創始者に対する極端な報酬を欺瞞的慣習として指摘している[62]。しかしこれはデジタル暗号通貨の設計に固有な部分としても有用であり、例として Ripple が挙げられる[63]。事前採掘は採掘コードが公開される前から通貨の創始者によって通貨が製造されることを意味する[64]
  • 大半の暗号通貨は既存の暗号通貨の焼き直しであり微々たる違いしか持たず、そこに目新しい技術開発はない。前述の Coinye や Dogecoin[65] は、その典型例である[66]。そのような、技術開発を目的としない焼き直し的な暗号通貨は、日本国外では「シットコイン(shitcoin、糞コインの意)」[65] と呼ばれる。日本国内では、一部コミュニティが前述の「シットコイン」を使っていたほか、語感が汚いとして造語された「草コイン[註 1](「笑い」を意味するネットスラングの「草」に由来する)が使われる[67]
  • 銀行は一般に暗号通貨のためのサービス提供をしていないし、時として仮想通貨企業へのサービス提供を拒むことがある[68]
  • ローカルストレージに保存した暗号通貨をマルウェアやデータ消失によって恒久的に失うことは往々にしてある。これは物理メディアの破損によっても引き起こされ、失われた暗号通貨は市場から事実上永遠に姿を消す[69]。ただし、これは暗号通貨含め一般的な現金に共通する問題でもある(紙幣を燃やす、回収不可な場所に落とすなど。)。
  • 暗号通貨が主流になるために満たすべきと目されている基準は複数ある。暗号通貨を受け入れる小売業者は増えているが、その数はまだ少ない[70]
  • 暗号通貨におけるビットコインなどの技術的進歩に伴い、採掘者は特別なハードウェアソフトウェアを要するようになったために参入費用は高い[71]
  • 暗号通貨取引は通常一定数のブロックが取引を確認した後は取り消すことができない。クレジットカードにはあって暗号通貨には欠けている機能の一つに、詐欺に対する支払い取り消しのような消費者保護がある[11]
  • 背景や開発者が不透明な暗号通貨もある[72]
  • 暗号通貨は高度な暗号化技術により管理されるデジタル通貨であるものの、複数の政府がその中央統制能力の欠如と金融セキュリティへの影響を懸念して慎重な姿勢をとっている[73]
  • 環境に関心のある人々は、暗号通貨採掘という得るものの少ないことのために莫大なエネルギーが費やされることを懸念しているが、これまで長期に渡り使用されてきた金融システムのエネルギー消費と比較することが重要である[74]
  • 伝統的な金融商品は強力な消費者保護が付いている。しかしビットコインは消失したまたは盗まれた場合、消費者の損失を抑える権限を行使する仲介人が存在しない[75]
  • 複数の国の規制機関が暗号通貨の使用に関して警告を発し、使用を控えさせるための具体的な規制手段を講じたところもある[76]

問題点編集

暗号通貨には、日本円や米ドルなどの法定通貨のような手形交換所がないが、登録を受けた暗号資産交換業者は存在している。決済記録に関する義務の規定がないが、ブロックチェーン技術によって決済記録は公開されている。

暗号通貨に対しては、以下の様な問題点が指摘されている。ブロックチェーンはこれらの原因になりうる。[77]

  • 利用者に対する価値の保証が無い。 
  • 街が停電したら使えない
  • 電磁パルスを撃たれたらデータが全て消える可能性がある
  • 51%攻撃による取引記録の改ざんの恐れがある。(ビザンチン将軍問題)
  • 闇市場を生みやすい。
  • 課税の逃げ道になる。
  • 資金洗浄に利用される。
  • いわゆる「セミナー商法」による、投資詐欺の可能性。[78](詐欺への注意喚起公報。)
  • 仮想通貨と法定通貨とを交換する取引所の管理体制の甘さ。[79] [80]
  • 電力の無駄問題。(採掘を有意な演算であるBOINCFolding@homeに委ねる動きもある。)
  • これから先、AI(人工知能)やロボットに置換されうる労働力に対して、準労働性の経済対価。

暗号通貨に対しては、利用者・投資家保護や資金洗浄脱税防止などを目的に、国家や業界団体などが規制を及ぼす動きも進んでいる[81]

ビットコイン為替レート編集

現在のBTCの為替レート
Google finance JPY USD
CoinHack(コインハック) BTC(日本円) メインレート

註釈編集

  1. ^ あとから、時価総額の低い暗号通貨という意味が付加されて、二通りの意味合いが込められている[67]

出典編集

  1. ^ Andy Greenberg (2011年4月20日). “Crypto Currency”. Forbes. オリジナルの2014年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140831001109/http://www.forbes.com/forbes/2011/0509/technology-psilocybin-bitcoins-gavin-andresen-crypto-currency.html 2014年8月8日閲覧。 
  2. ^ Polansek, Tom (2016年5月2日). “CME, ICE prepare pricing data that could boost bitcoin”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-cme-group-bitcoin-idUSKCN0XT1G1 2016年5月3日閲覧。 
  3. ^ Allison, Ian (2015年9月8日). “If Banks Want Benefits of Blockchains, They Must Go Permissionless”. International Business Times. 2015年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月15日閲覧。
  4. ^ Matteo D'Agnolo. “All you need to know about Bitcoin”. timesofindia-economictimes. 2015年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月8日閲覧。
  5. ^ Sagona-Stophel. “Bitcoin 101 white paper”. 2016年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。
  6. ^ Bitcoin-block-signing History, http://blockchain.info, 2 March 2014
  7. ^ Deflation and Banking, http://www.econlib.org, 19 December 2006
  8. ^ Bitcoin Creation Mechanism, https://en.bitcoin.it, 12 January 2014
  9. ^ Listing of active coins, http://cryptocoincharts.info, 27 February 2014
  10. ^ another authentication protocol forked from P.O.S., https://en.bitcoin.it, 7 June 2013
  11. ^ a b Jerry Brito and Andrea Castillo (2013年). “Bitcoin: A Primer for Policymakers”. Mercatus Center. George Mason University. 2013年10月22日閲覧。
  12. ^ a b 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「crypto currency」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  13. ^ How Cryptocurrencies Could Upend Banks' Monetary Role, American Banker, 26 May 2013
  14. ^ The FBI's Plan For The Millions Worth Of Bitcoins Seized From Silk Road, Forbes, 4 October 2013
  15. ^ 'Zerocoin' Add-on For Bitcoin Could Make It Truly Anonymous And Untraceable, Forbes, 26 May 2013
  16. ^ Zerocoin: Anonymous Distributed E-Cash from Bitcoin (pdf)”. ジョンズ・ホプキンス大学 (2013年5月26日). 2016年2月19日閲覧。
  17. ^ This is Huge: Gold 2.0 - Can code and competition build a better Bitcoin?, New Bitcoin World, 26 May 2013
  18. ^ Wei Dai (1998年). “B-Money”. 2016年2月19日閲覧。
  19. ^ Bitcoin: The Cryptoanarchists’ Answer to Cash”. IEEE Spectrum. 2016年2月19日閲覧。 “Around the same time, Nick Szabo, a computer scientist who now blogs about law and the history of money, was one of the first to imagine a new digital currency from the ground up. Although many consider his scheme, which he calls “bit gold,” to be a precursor to Bitcoin”
  20. ^ Bitcoin: A primer for policy makers”. Mercatus Center. George Mason University (2013年8月31日). 2015年10月31日閲覧。
  21. ^ What is Bitcoin Mining? Archived 2013年5月1日, at the Wayback Machine., The Genesis Block, 26 May 2013
  22. ^ Bitcoin developer chats about regulation, open source, and the elusive Satoshi Nakamoto, PCWorld, 26-05-2013
  23. ^ a b c Wary of Bitcoin? A guide to some other cryptocurrencies, ars technica, 26-05-2013
  24. ^ “UK launches initiative to explore potential of virtual currencies”. The UK News. http://www.theuknews.com/index.php/sid/224504231 2014年8月8日閲覧。 
  25. ^ a b “ベネズエラが仮想通貨発行 「ペトロ」、1億単位”. 産経新聞. (2018年1月6日). http://www.sankei.com/economy/news/180106/ecn1801060017-n1.html 2018年1月6日閲覧。 
  26. ^ “ベネズエラ、原油価格表示を人民元に”. ロイター. (2017年12月3日). https://jp.reuters.com/article/venezuela-crypto-currency-idJPKBN1DY0AL 2018年1月4日閲覧。 
  27. ^ “ベネズエラ政府が独自の仮想通貨「Petro」を法令で発行”. Coin Choice. (2018年1月6日). https://coinchoice.net/venezuela_crypto_petro/ 2018年1月6日閲覧。 
  28. ^ decentralized currencies impact on central banks, rte News, 3 April 2014
  29. ^ First U.S. Bitcoin ATMs to open soon in Seattle, Austin, Reuters, 18 February 2014
  30. ^ CryptoCoinTalk.com - Discussing the v of Cryptocurrencies”. CryptoCoinTalk. 2014年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。
  31. ^ Sunny King, Scott Nadal (2012年8月19日). “PPCoin: Peer-to-Peer Crypto-Currency with Proof-of-Stake”. 2013年5月12日閲覧。[リンク切れ]
  32. ^ The stock-to-flow ratio as the most significant reason for gold’s monetary importance | ingoldwetrust.report : ingoldwetrust.report
  33. ^ 希少性に基づいたビットコイン価値のモデル化. 本記事はPlanBによる記事Modeling Bitcoin’s Value… | by Lerian | Medium
  34. ^ LookIntoBitcoin | Stock-to-Flow Model
  35. ^ a b c ステーブルコイン 価値が安定した暗号資産(2020/9/13付、日本経済新聞 朝刊)
  36. ^ 2020/9/13付、日本経済新聞 朝刊 3面 きょうのことば
  37. ^ Demos, Telis. “テラUSD暴落、弱点は政府発行の通貨と同じ” (日本語). WSJ Japan. 2022年5月13日閲覧。
  38. ^ a b Cryptocurrency Market Capitalizations”. CoinMarketCap (2018年1月29日). 2018年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月29日閲覧。
  39. ^ “仮想通貨、かさむ「採掘」コスト 後発組に高い壁”. 日本経済新聞社. (2017年9月25日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21110070U7A910C1000000?channel=DF150620172612 2018年1月29日閲覧。 
  40. ^ Introducing Ledger, the First Bitcoin-Only Academic Journal”. Motherboard. 2016年2月19日閲覧。
  41. ^ Bitcoin Peer-Reviewed Academic Journal ‘Ledger’ Launches”. CoinDesk. 2016年2月19日閲覧。
  42. ^ Editorial Policies”. ledgerjournal.org. 2016年2月19日閲覧。
  43. ^ 3 Reasons The IRS Bitcoin Ruling Is Good For Bitcoin, Nasdaq, 24 March 2014
  44. ^ On the Complexity and Behaviour of Cryptocurrencies Compared to Other Markets, 7 November 2014
  45. ^ The Big Picture Behind the News of China's Bitcoin Bans – Bitcoin Magazine”. Bitcoin Magazine. 2015年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。
  46. ^ 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象」=政府答弁書 ~「金銭等」でなくとも「財産上の利益」の寄付に該当するため - 仮想通貨 Watch
  47. ^ Bitcoin's Legality Around The World, Forbes, 31 January 2014
  48. ^ Infringement of Kayne West Mark and Other Violations, Pryor Cashman LLP, 6 January 2014
  49. ^ Iwamura, Mitsuru and Kitamura, Yukinobu and Matsumoto, Tsutomu, Is Bitcoin the Only Cryptocurrency in the Town? Economics of Cryptocurrency And Friedrich A. Hayek (February 28, 2014). Available at SSRN: http://ssrn.com/abstract=2405790 or doi:10.2139/ssrn.2405790
  50. ^ a b c d e ALI, S, T; CLARKE, D; MCCORRY, P; Bitcoin: Perils of an Unregulated Global P2P Currency [By S. T Ali, D. Clarke, P. McCorry Newcastle upon Tyne: Newcastle University: Computing Science, 2015.(Newcastle University, Computing Science, Technical Report Series, No. CS-TR-1470)
  51. ^ SEC v Shavers, United States District Court Eastern District Of Texas, 08-06-2013
  52. ^ Vanishing Bitcoins: $5 million in crypto-currency lost down a Chinese memory hole, 21st Century Wire, 12-11-2013
  53. ^ Banshee bitcoins: $5 million worth of bitcoin vanish in China”. Russia Today. 2015年3月6日閲覧。
  54. ^ When bitcoins go bad: 4 stories of fraud, hacking, and digital currencies.”. Washington Post. 2015年3月6日閲覧。
  55. ^ Mt. Gox Seeks Bankruptcy After $480 Million Bitcoin Loss, Carter Dougherty and Grace Huang, Bloomberg News, Feb. 28, 2014
  56. ^ Perez, Evan. “CNN Justice Reporter”. CNN. http://www.cnn.com/2015/03/30/politics/federal-agents-charged-with-stealing-bitcoin/ 2015年3月31日閲覧。 
  57. ^ https://www.sec.gov/litigation/complaints/2015/comp23415.pdf
  58. ^ http://www.marketwired.com/press-release/gaw-miners-announces-plans-for-initial-coin-offering-1970991.htm
  59. ^ a b Raeesi, Reza (2015-04-23). “The Silk Road, Bitcoins and the Global Prohibition Regime on the International Trade in Illicit Drugs: Can this Storm Be Weathered?”. Glendon Journal of International Studies / Revue d'études internationales de Glendon 8 (1-2). ISSN 2291-3920. http://gjis.journals.yorku.ca/index.php/gjis/article/view/38935. 
  60. ^ Bitcoin's Volatility Problem: Why Today's Selloff Won't Be the Last”. Businessweek (2013年12月5日). 2013年12月29日閲覧。
  61. ^ A crypto-currency primer: Bitcoin vs. Litecoin”. ZDNet (2013年12月14日). 2013年12月29日閲覧。
  62. ^ Scamcoins” (2013年8月). 2016年2月19日閲覧。
  63. ^ Bradbury, Danny (2013年6月25日). “Bitcoin's successors: from Litecoin to Freicoin and onwards”. The Guardian (Guardian News and Media Limited). http://www.theguardian.com/technology/2013/jun/25/bitcoin-successors-litecoin-freicoin 2014年1月11日閲覧。 
  64. ^ Morris, David Z (2013年12月24日). “Beyond bitcoin: Inside the cryptocurrency ecosystem”. CNNMoney, a service of CNN, Fortune & Money (Cable News Network). http://finance.fortune.cnn.com/tag/cryptocurrency/ 2014年1月11日閲覧。 
  65. ^ a b Ben Allen (2018年1月23日). “The social dynamics and market forces at work in the subterranean battle between shitcoin and altcoin”. The Sociable. 2018年1月29日閲覧。
  66. ^ Kanye West’s lawyer orders "Coinye" to cease and desist just before launch”. Ars Technica. 2015年2月24日閲覧。
  67. ^ a b 平野 淳也 (2018年1月23日). “「草コイン」の定義は2つ?Twitterでアンケートをとってみた結果”. Coin Choice. 2018年1月29日閲覧。
  68. ^ Sidel, Robin (2013年12月22日). “Banks Mostly Avoid Providing Bitcoin Services. Lenders Don't Share Investors' Enthusiasm for the Virtual-Currency Craze”. Online.wsj.com. 2013年12月29日閲覧。
  69. ^ Keeping Your Cryptocurrency Safe, Center for a Stateless Society, 1 April 2014
  70. ^ The Future of Cryptocurrency, Investopedia, 10 September 2013
  71. ^ Want to make money off Bitcoin mining? Hint: Don't mine, The Week, 15 April 2013
  72. ^ Fundamental Analysis for Cryptocurrency, Wall Street Crypto, 10 January 2014
  73. ^ Cryptocurrency and Global Financial Security Panel at Georgetown Diplomacy Conf, MeetUp, 11 April 2014
  74. ^ Experiments in Cryptocurrency Sustainability, Let's Talk Bitcoin, March 2014
  75. ^ Four Reasons You Shouldn't Buy Bitcoins, Forbes, 3 April 2013
  76. ^ Schwartzkopff, Frances (2013年12月17日). “Bitcoins Spark Regulatory Crackdown as Denmark Drafts Rules”. Bloomberg. 2013年12月29日閲覧。
  77. ^ クローズアップ現代”. 2015年5月29日閲覧。
  78. ^ “知人からの勧誘、セミナーでの勧誘による仮想通貨の購入トラブルにご注意-「必ず儲(もう)かる」という言葉は信じないで!” (プレスリリース), 国民生活センター, (2013年3月30日), http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170330_1.html 2018年2月5日閲覧。 
  79. ^ “甘い管理体制、流出招く 仮想通貨市場に冷水”. 日本経済新聞. (2018年1月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26239430X20C18A1EA2000/ 2018年2月4日閲覧。 
  80. ^ Responses to cryptocurrency exchange companies so far --Financial Services Agency April 27, 2018 Financial Services Agency
  81. ^ "Cryptocurrency industry starts to self-regulation, hurry to protect customers, etc." Nihon Keizai Shimbun News Site (April 23, 2018) Retrieved July 17, 2018.

Development materials to know moreedit

Related itemedit

Исходный текст